合コン
FC2ブログ

創価学会作成ニセ本尊から解放された元男子部本部長のブログ

元創価学会員で現在は日蓮正宗の信徒です。学会の邪義とニセ本尊から一人でも多くの創価学会員を救うべく活動しています。

 

妙法七字拝仰【4】

「南無」の語義

「南無」と「妙法蓮華経」の翻訳の違い

南無は 梵語で「ナム」と発音する。
それを漢字に当てたのが「南無」

「妙法蓮華経」の五字は梵語では
「サッダルマフンダリキャストーラ」と発音する。
だから、「妙法蓮華経」は漢語による意訳。

で その意味は
「サ」は妙、「ダルマ」は法、「フンダリキャ」は白蓮、「ソタラン」は経
ということで 妙法蓮華経と訳されたということだね。


で 何で梵語で「南無」だけ 意訳しないでそのまま梵音で読むかと言うと
それは「無翻」と言って、翻訳してしまうとその意味が失われてしまうという
意味から 翻訳しないでそのままの言葉の響きによってその意を深く汲み取る
っていう意義があるんだ。

妙法蓮華経は羅什三蔵が適切に翻訳した有翻で、南無は梵音のナムの深い意味をあらわして無翻
にしたということ。

で じゃ「南無」ってどんな意味があるのっていうと
一番大事な意義として「帰命」っていうことだね。

これについては ちょっと長くなるので次回にする。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

   
プロフィール

青木 祥

Author:青木 祥
元創価学会員の日蓮正宗信徒です。
平成20年無慈悲な創価学会よりクビと宣告されました。
創価学会の邪義とニセ本尊の害毒から一人でも多くの創価学会員を救うべく活動しています。

最近の記事
メールはこちらから
ご相談、ご質問があれば、メールを送ってください。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク