合コン

創価学会作成ニセ本尊から解放された元男子部本部長のブログ

元創価学会員で現在は日蓮正宗の信徒です。学会の邪義とニセ本尊から一人でも多くの創価学会員を救うべく活動しています。

 

2014年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超感覚的世界の認識とその条件(メルマガ記事転載)

今回はちょっとおもしろい本を読んでいるので、
紹介したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目次

1、利根と通力に拠るべからず

2、ルドルフ・シュタイナー

3、秘伝の伝授

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1、利根と通力に拠るべからず


「利根と通力には拠るべからず」(唱法華題目抄・御書233頁)
と日蓮大聖人が説かれているように


いわゆる一般的に「超能力」や
「霊感」「スピリチュアル」
と呼ばれている特殊能力については、
それに頼ってはいけないと厳しく禁じられています。


ですが、別に利根や通力の存在を胡散臭い物だとか
否定しているわけではなく、存在は認めているわけです。


その上で、ただ積極的に用いようとしていないだけでね。


だから、あまりこれら特殊能力について知りたいだとか
身につけたいだとかという事は
少し興味はあってもできるだけ避けてきたんですよね。


ところが最近 成功哲学の考え方について学んでいるうちに
ある書物に出会いました。


2、ルドルフ・シュタイナー


それは ルドルフ・シュタイナー
「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」という本です。


このシュタイナーという人については、
大学の講義や教育史の中で「シュタイナー教育」というのが
出てくるのですが、実は同一人物だったんですね。


だから名前だけは 大学時代から知っていたので、
てっきり教育者として有名なのかと思ったら・・・


実はこの人 教育者としてよりは、
哲学者や神秘学者としての実績がメインだったんですね。


で 今回の話題にするこの本 何やらタイトルからして
スピリチュアル系ですよね。



本屋の棚に並んでいたら、まず手に取ってみる事はないですし、
仮に手に取って中をパラパラめくって読んでも
「神秘学徒」だとか「霊界」なんて言葉が目白押しで
すぐに本棚に戻してしまったことでしょう。(笑)


今回はあくまで 成功哲学を学ぶという視点で
この本を読んでみたのですが、


これが当初の第一印象を良い意味で裏切りまして、
とても参考になることが書いてあるので少し取り上げてみたい
と思います。


ある意味私達にとっては、世間の人がイメージする霊的世界とか
霊的感覚ということについては、
別にそれを否定するような、偏見のようなものは
あまりありませんよね。


だから、この本の中で出てくる
霊だとか能力だとかという言葉を素直に受け入れることが
できるんだと思います。


そういう見方、読み方をすればいいんですよ。



ある意味 世間の人がイメージする何やらワケの
わからない不思議な世界の話ではなくて、
信心というフィルターを通して見ればいいわけです。



で かなり本題に入る前に前置きが長くなったのですが、
そろそろ本の内容に入っていきますね。

初めに シュタイナーは

「どんな人間にも感覚的世界を超えて、
より高次な諸世界まで認識を広げることができる
能力がまどろんでいる」
と言うわけです。


感覚的世界というのは、五感で認識できる世界と
とらえていいでしょう。


次の「高次な諸世界」というところが、仏法で説くところの
世界観をあらわしているようで すごいですよね。


いわゆる六識・七識・八識・九識のことですね。


ただ シュタイナーはこの高次世界を認識するためには、
すでにその能力を身につけた人だけに限られるというわけです。


そんな能力 普通の人が普通の生活を送っていたら身につく
わけないんですよ。


そこにはやはり身につけるべき、環境が無いとね。


3、秘伝の伝授


古来 その高次の認識能力を持った人が
修行して身につけた特殊な能力を
授けるに足る人に教えてきた。


これが「秘伝」と呼ばれたというわけです。


まさに 唯受一人の大聖人様の仏法そのままですよね。



つまり「唯仏与仏」 仏だけしか知らない世界というのが
あって、
それには特別な人だけが教えを受けるという世界が
あったわけです。


これを創価員は簡単に誹謗中傷しますよね。


まず そんな世界があるなんて事すら信じませんからね。


だから未だに日顕猊下様の血脈についてそんなものは無かった
なんて誹謗中傷しているわけです。


また中には口伝・秘伝そのものを否定する人もいますからね。


また(秘伝を)「受けるに値しない人物に対しては如何程の
秘伝も伝授すべきでない、という当然の原則もまた、同様に存在する」
と言っているんです。


秘伝を授けられる人は、誰でも彼でも良いってわけじゃないでしょう。
と。


私達に置き換えて言えば、
正しい師のもとで、修行しなければ、高次の認識能力=信心は
身につけられないということの 理証の一つですね。


ホントは 今回の視点で書く予定ではなかったのですが、
スルーするにはもったいない記述だったたので紹介しました。
スポンサーサイト
プロフィール

青木 祥

Author:青木 祥
元創価学会員の日蓮正宗信徒です。
平成20年無慈悲な創価学会よりクビと宣告されました。
創価学会の邪義とニセ本尊の害毒から一人でも多くの創価学会員を救うべく活動しています。

最近の記事
メールはこちらから
ご相談、ご質問があれば、メールを送ってください。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。