合コン

創価学会作成ニセ本尊から解放された元男子部本部長のブログ

元創価学会員で現在は日蓮正宗の信徒です。学会の邪義とニセ本尊から一人でも多くの創価学会員を救うべく活動しています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青木祥のプロフィール

青木祥の詳しいプロフィールはこちらから
スポンサーサイト

サイト移転します。

サイトをご覧頂き ありがとうございます。

2016年8月に サイトをリニューアルしました。


移転した新しいサイトはこちらになります。

http://hujisyakushinmyo.com


また、メルマガを登録される方もこの新しいサイトからお願いします。

こちらのサイトのメルマガ登録リンクが切れていたようです。


では、新サイトでお待ちしております。



青木 祥

樋田×青木 釧路対談リターンズ Fainal (メルマガ記事転載)



いよいよFainalとなりました。

今回は、初の企画モノということで
対談動画を撮りました。

いかがでしたでしょうか。


僕は、対談を通して、
自分の使命の原点をもう一度振り返るとても良い機会となりました。


自分でも気付かぬうちに、
惰性に流されていたり、方向性を誤っていたり
していたことろに対談を通して気づいたわけです。



メルマガでは、
このような内容などを読者に先行で配信しています。

ご興味があれば、
登録してください。

メルマガ登録はこちらから

樋田×青木 釧路対談リターンズ vol.9(メルマガ記事転載)



前回の御観念文改変についての続きになります。

前回と変更された点に三師供養があります。

大聖人様と二祖日興聖人様への報恩感謝はあるのですが、
三祖日目上人様を削除しました。


これは、いわゆる仏法僧の僧分になるところを
二祖日興上人様しか認めないということなんでしょう。


日目上人以降の御歴代御法主上人を三宝に含めないという
ことで、血脈を否定しようとのあらわれですね。


その時に、三祖日目上人を報恩感謝の対象としては、
整合性が取れないからこれも削除してしまえということですか。



なら現在 創価員が拝んでいるニセ本尊のオリジナルは
日蓮正宗第二十六世日寛上人のお筆になるもの。


代々の御歴代の御法主上人猊下様の血脈を否定したいなら、
今後 このニセ本尊もきっと変更するんでしょうね。


多分 大聖人様御直筆の真筆本尊か
二祖日興上人様のお筆になる本尊
どちらかを持ち出してくるんでしょうか。


大聖人様の御直筆の本尊を今更
創価学会に譲り渡すお寺なんてないでしょうから、
複製してもよいという版権でも買おうということなんでしょうか。


御真筆本尊を所有しているお寺も、
複製ならしてもいいよ と版権ぐらいなら渡すところが
あっても不思議はないのでしょうから。



なんかこの調子だと、
新たな ニセ本尊が出てくるのも
もう間も無くという感じがしてきます。


昨年の会則改変、そして今回の御観念文の改変は
新ニセ本尊への伏線なのかもしれませんね。

樋田×青木 釧路対談リターンズ vol.8(メルマガ記事転載)




先月17日の聖教新聞紙上でご観念文の変更が発表されたようですね。

このように本来の修行に関わることが
コロコロ変わるところを
創価員はどのようにとらえているんでしょうか。


「まぁ 学会本部が決めたことだから
 素直にそれに従っていれば良い。」

という感じでしょうか。


今回の変更箇所は、いくつかありますが、

その中の一つ
諸天供養のご観念文を
ざっくり削除しちゃったんですね。


最初の題目三唱にその意義を込めるって
いうことらしいですけど。


諸天の加護なんか感じられなくなっちゃったから
これでいいということなんでしょうか。


さらにここが重要な変更箇所なのですが、


これまでの「一閻浮提総与・三大秘法の御本尊」を
「法華経の肝心・南無妙法蓮華経の御本尊」に変えちゃった。


昨年の「弘安二年本門戒壇の大御本尊様を受持の対象にしない」という
会則改変から 今回の御観念文変更で、
戒壇の大御本尊様を思わせる表現を一切無くしてしまいましたね。

一閻浮提総与も三大秘法も一応まだ戒壇の大御本尊様を
思わせる表現ではありましたからね。


そこで、

「法華経の肝心・南無妙法蓮華経の御本尊」って一体 何でしょうか?


これなら、将来どういう本尊持ってきても、
いかようにも解釈できる記述にしましたね。


中央主題に南無妙法蓮華経とでも書いてあれば、
どんな本尊でもオッケーってわけですか。


今日は地元の正宗寺院に御講参詣させていただいて、
ご住職の御法話を聞いていました。


そのお話の中で、「化儀・化法」のお話がありました。


日蓮正宗では、「化儀即化法」であり、「化儀と化法は本来、一体なのであり、
この基本は変わらないことを化儀化法の一体という」ということを教えていただきました。


創価学会のように、会則で拝む本尊の主体が変更になったり、
勤行の仕方が変わったり、御観念文がコロコロ変わるなど 
大聖人様の仏法では、ありえないことです。


予想はされていましたが、
最近の創価員が主催するブログを読んだみたら、
戒壇大御本尊様は大聖人後世のものであることが証明されたなんて
ざれ言をのせていました。


創価員の中にも 戒壇の大御本尊様を自ら否定する輩も
あらわれて、それを堂々とブログにアップする時代になったんですね。



正法から一度ころがり落ちると、自由落下の方程式と同じように
加速度がついて、落ちていくのが速い速い。(笑)
プロフィール

青木 祥

Author:青木 祥
元創価学会員の日蓮正宗信徒です。
平成20年無慈悲な創価学会よりクビと宣告されました。
創価学会の邪義とニセ本尊の害毒から一人でも多くの創価学会員を救うべく活動しています。

最近の記事
メールはこちらから
ご相談、ご質問があれば、メールを送ってください。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。